【ホンダ・ヴェゼル】不具合とリコール情報紹介します!対応はどう?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
沢山の買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということですので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

ホンダヴェゼルの不具合とリコール情報について調べてみました。

実際にどんな不具合が多いのか、具体的にどんなリコールが起こっているのか?

また、リコールの対応情報についてまとめてみました。

では、これから紹介していきます。





ホンダヴェゼルの不具合報告はあるの?

ホンダヴェゼルの不具合報告はあるの?引用:https://clicccar.com/

まず、ホンダ・ヴェゼルの車両の仕様からみていきましょう。

ホンダ・ヴェゼルは、ホンダ・フィットに採用されたi-DCDを使用しています。

ホンダ・ヴェゼルのスポーツハイブリッドi-DCDは、エンジンとモーターをDCT(デュアルクラッチトランスミッション)と組み合わせています。i-DCDは制御の自由が広がるメリットがあります。アイドリング時に充電の負荷を大きくできないという制限がない。クラッチを接続してギアをニュートラルにすれば、エンジンと発電機が直結します。また、ホンダ・ヴェゼルのi-DCDのDCTには7速のギアがあります。

奇数段のみという制限はありますがモーター走行(EV走行)も可能です。奇数段とモーターが常時かみ合って、モーター(EV走行)だけでも走行ができます。

偶数段ではエンジンとモーターによるハイブリッド走行となります。モーターはクラッチを通じて偶数段と接続されます。

モーターだけで走行したり、エンジンとモーターで走行できることが基本構造になっています。i-DCDにはメリットがありますが、AT変速機の中でもDCT制御は格段に難しくなるようです。

各社がEV車の開発を進めている中で、ホンダ社はハイブリッド自動車を作り続けていますが、実績のあるi-MMDではなくi-DCDにこだわる理由も乗ってみた方にしかわからないかもしれないですね。

では、ホンダ・ヴェゼルの不具合報告をみていきましょう。

ハイブリッドシステムi-DCDの不具合が多い

ホンダヴェゼルの不具合報告はあるの?引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダ・ヴェゼルは先ほど紹介したホンダ・フィットからi-DCDの不具合報告が多いようです。

1速ギアがかみ合わず、発進不良、坂道で下がる、加速不良で、急に1速かみ合うと加速してしまう不具合です。

これは、モーターとエンジンの協調制御に不具合が起きたようです。

先ほど説明した通り、DCT制御が難しいことから起こることのようです。

ちなみに、モーターとエンジンはホンダ社が開発し、DCTは海外製とのことです。

ホンダ・フィットでは、このホンダ社の開発したモーターとエンジンと海外製のDCTが問題が起きていたようですね。

ガソリン仕様のエンジン・電気系部品の不具合

ホンダヴェゼルの不具合報告はあるの?引用:https://www.carsensor.net/

ホンダ・ヴェゼルとホンダ・フィットのガソリン仕様のどちらの車両でも不具合が起こっていました。

エンジンが再起動するときに過電流が流れることで、助手席足元から発煙・発火する可能性があるということです。





ホンダヴェゼルのリコールの情報は出ているのか?

ホンダヴェゼルのリコールの情報は出ているのか?引用:http://kakaku.com/

ホンダ・ヴェゼルの不具合を紹介しましたが、具体的にどんな不具合がリコールになっているかは、メーカーや車に詳しい方しか、なかなかわからないものです。

ここではホンダ・ヴェゼルででた実際のリコールの情報をみていきましょう。

自動車のリコール制度とは

ホンダヴェゼルのリコールの情報は出ているのか?引用:https://response.jp/

自動車に設計・製造過程に欠陥があったときは、メーカー自ら判断し、公表して製品を回収・修正することです。

事故・トラブルを未然に防ぐ制度です。

メーカーが国土交通省に届け出て、オーナーに製品の回収を伝えることです。

国に申請するほどの設計・製造過程の欠陥や故障、不具合あり、メーカーが無料で修正することをリコールといいます。

ホンダ・ヴェゼルのガソリン仕様の不具合

ホンダヴェゼルのリコールの情報は出ているのか?引用:https://autos.goo.ne.jp/

平成25年8月~平成28年2月のリコール情報です。

製造:平成25年8月~平成27年8月31日です。

型式:DBAーRU1、DBAーRU1ーRU2

合計:45,673台

電圧を制御する装置に不具合が起きたために、高速道路で、火災が起きて全焼という事故が起きました。

ハンドル操作の補助プログラムにも不具合が発生して、走行中にハンドル操作が重くなり、車の制御ができなくなる問題が起きました。

ハイブリッド車のモーターとエンジンの不具合

ホンダヴェゼルのリコールの情報は出ているのか?引用:http://vzl.seesaa.net/

製造:平成25年12月5日~平成26年7月1日

型式:DAA-RU3、DAA-RU4

合計:44,316台

ECU(エンジン制御コンピュータ)で車両が急発進するおそれがある不具合が発生していました。

ECU(エンジン制御コンピュータ)(1)

ホンダヴェゼルのリコールの情報は出ているのか?引用:https://minkara.carview.co.jp/

ECU(エンジン制御コンピュータ)のプログラムによって、エンジン走行モードでの停車中に、シフトレバーをDまたはRに操作して発進する際のギアの噛み合い動作の間や、モーター(EV)走行で急勾配の坂道にゆっくり進入し、一時停止してエンジンが始動した時、アクセルペダルを強く踏み込んでいると、モーターから過大な駆動力が発生することがあります。そのため、車両が急発進する危険がありリコールがでました。

ECU(エンジン制御コンピュータ)(2)

ホンダヴェゼルのリコールの情報は出ているのか?引用:https://minkara.carview.co.jp/

ECU(エンジン制御コンピュータ)は、クラッチ推定摩擦特性と実クラッチ摩擦特性を検知し学習している。

クラッチ推定摩擦特性と実クラッチ摩擦特性がズレた状態で、モーター(EV)走行モードでの走行中にモーター駆動でエンジンが始動した場合に、モーターから過大な駆動力が発生することがあります。

そのため、運転者が意図せず車速が一瞬増加する危険があるということでリコールです。

改善処置としてプログラムの書き換え

リコールによって、エンジン制御コンピューターを、対策プログラムに書き換えられる処置が行われました。

ハイブリッド車の電気装置(電源供給回路)の不具合

ホンダヴェゼルのリコールの情報は出ているのか?引用:https://autoc-one.jp/

届出日:平成26年10月23日、リコール開始日:平成26年10月23日

製造:平成25年12月5日~平成26年10月17日

型式:DAA-RU3、DAA-RU4

合計:73,930台

電源供給回路の電気ノイズに対する保護が不十分ために起こった不具合です。車両の電装部品から発生するノイズの影響から電源制御ユニットが誤作動を起こしてしまい。エンジン制御コンピューター等に電源を供給するリレーが作動せず、走行中にメーターパネルが消灯し、エンジンが停止することが起きたことでリコールです。





ホンダヴェゼルの不具合とリコール対応状況とまとめ

ホンダヴェゼルの不具合とリコール対応状況とまとめ引用:https://clicccar.com/

ホンダ・ヴェゼルは人気の車種ですが、乗り心地も、i-DCDのメリットも多く、これまで、改善処置が行われてきたため、不具合の報告も減ってきているようです。

それでは、ホンダ・ヴェゼルの不具合とリコール対応状況のまとめに入りましょう。

メリットが多い分、不具合も起こる

ホンダヴェゼルの不具合とリコール対応状況とまとめ引用:http://www.money-ama.com/

リコールは起きましたが、ホンダ・ヴェゼルのガソリン車は各ライバル車より燃費がはるかに優れた車です。

ホンダ・ヴェゼルのハイブリッドも、制御の難しさから不具合とリコールが起こりましたが、反応が早く、発進が力強い、速度の調整もしやすい性能は変わらず、質も高くなっているのが魅力的です。

リコール情報がでたら、すぐに修正に出しましょう

ホンダヴェゼルの不具合とリコール対応状況とまとめ引用:https://ucar.honda.co.jp/

リコール内容によっては、重大な事故に繫がると、事故の責任は使用者の責任になります。もちろん、リコールはメーカーが無料で修正してくれます。

最近は改善されて、不具合の報告は少ない

ホンダヴェゼルの不具合とリコール対応状況とまとめ引用:https://response.jp/

ホンダ・ヴェゼルは最新技術が使われており、安全運転支援システムが標準装備されています。

内容としては、衝突の軽減ブレーキ、誤発進の抑制機能、前の車両が発進すると教えてくれる機能、前の車の距離を検知して、車線維持してくれるシステム、一定速度で調整してくれて、運転のサポートしてくれる機能などが備わっています。

運転のサポートしてくれると、負担も減りますね。メーカー側もオーナー様が安全に走行する機能を備えてフォローしてくれています。

最新技術を取り入れたことがホンダ・ヴェゼルの魅力を後押したのかもしれないですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

【ホンダ・ヴェゼル】を60万円も安く買う方法とは何か!?

ホンダのヴェゼルカッコいいですよね!?

大きすぎずちょうどいいボディサイズは、
狭い道の多い日本にはもってこいです!

またミニバンクラスの家族性能を備えていて、
それでいて燃費も最高と
申し分ないスペックじゃないでしょうか?

休日に家族とちょっとドライブ
と言う時でもストレスが少なく
運転ができ、
カッチョいいパパを演出できますよ!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「ヴェゼル欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
ヴェゼルに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のヴェゼルを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
ヴェゼルの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
沢山の買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということですので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

ホンダヴェゼルの関連記事はこちら!

【ホンダ・ヴェゼル】不具合とリコール情報紹介します!対応はどう?

【ホンダ・ヴェゼル】口コミや評価評判を紹介!!良いの?悪いの?

【ホンダ・ヴェゼル】価格・費用はどう?グレードで違いはあるのか?

【ホンダ・ヴェゼル】納期や納車状況はどうなの?納車待ちはある?

【ホンダ・ヴェゼル】燃費や実燃費は?燃費向上はしているのか!?

【ホンダ・ヴェゼル】内装や内装色は何が選べるの?内寸はどうなの?

【ホンダ・ヴェゼル】値引きで買いたい!相場や限度額はいかに!?

【ホンダ・ヴェゼル】カラーや色見本を紹介します!人気カラーは何?

【ホンダ・ヴェゼル】試乗評価は実際に乗ってみて良いの?悪いの?

【ホンダ・ヴェゼル】スペックや加速性能、乗り心地はどうなのか!?

【ホンダ・ヴェゼル】エコカー減税で自動車税の費用がどう減るのか?

【ホンダ・ヴェゼル】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比べてみる!

【ホンダ・ヴェゼル】モデルチェンジ予想!情報・時期はどうなの?

【ホンダ・ヴェゼル】外寸や外装は?機械式駐車場には入るのか!?

【ホンダ・ヴェゼル】安全性はどう?自動ブレーキの効きはいいの!?

【ホンダ・ヴェゼル】維持費やローンは?残価設定にした方がいいの?

【ホンダ・ヴェゼル】ハイブリッド、X、Z、RSでどれがいい?

【ホンダ・ヴェゼル】を60万円も安く買う方法とは何か!?

ホンダのヴェゼルカッコいいですよね!?

大きすぎずちょうどいいボディサイズは、
狭い道の多い日本にはもってこいです!

またミニバンクラスの家族性能を備えていて、
それでいて燃費も最高と
申し分ないスペックじゃないでしょうか?

休日に家族とちょっとドライブ
と言う時でもストレスが少なく
運転ができ、
カッチョいいパパを演出できますよ!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「ヴェゼル欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
ヴェゼルに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のヴェゼルを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
ヴェゼルの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
沢山の買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということですので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. ホンダヴェゼルのタイヤは純正でどのくらいの大きさのタイヤを装備しているのでしょうか。また、サ…
  2. ホンダヴェゼルの購入を検討している方にとって、最終的に購入の決め手になるのはその価格ではないでしょう…
  3. ホンダ・ヴェゼルとマツダ・CXー5をどっちのどういうところがいいのか知りたいですね。ホンダ・…
  4. 2013年の発売以来、3年連続で国内販売台数1位を獲得したホンダ・ヴェゼル。そんなホンダ・ヴ…
  5. 2017年、コンパクトSUV市場の販売台数トップとなったトヨタ・C-HR。それを追うホンダ・…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP